カラスブックス カラス最新号

最新号No.36「物語の賞味期限」12月1日発売New!

kalas最新号

主題:物語の賞味期限
   故きを温ねる力 冨田工藝から伊勢平氏の里へ
   石に宿る物語 中心市街地の偉人詣で
   故きを振り切る力 田中裕嗣さんの働き方改革
   深い足跡 藤田明さんに聞く津の活字文化
   生きている物語 和太鼓奏者・服部博之さん
   物語の賞味期限 ヤマハラ萩原商店から浄明院へ
博愛:烏ノ保護観察会
写真:界隈 [松原 豊]
住居:私の巣箱[伊藤悠子]
視点:サエズリ
   街烏 大門商店街の近所づきあい[増田亮子]
蒐集:本棚と心の隙間[栞庵迂叟]
古本:まちの古本棚
絵本:ストーブの娘 [つつみあれい]
後記:烏ノ足跡
蛇足:凸凹ノ目

お知らせImformation

Copyright(C) kalasbooks All Rights Reserved.